査定チャレンジ
R360Coupe
R360Coupe
R360Coupe
査定チャレンジ
査定チャレンジ 査定チャレンジ 査定チャレンジ 査定チャレンジ
rotary red 予想的中のお客様の中からA賞

広島探訪!シェラトン
グランドホテル広島
宿泊券(2名様1泊朝食付)

シェラトングランドホテル

マツダの故郷、広島への旅行を思う存分お楽しみいただくためシェラトングランドホテル広島の宿泊券をプレゼント。広島駅直結の好立地で、各所へのアクセスも非常に便利です。
※お盆・年末年始はご利用いただけません。
※交通費および宿泊券に含まれない飲食代金はお客様のご負担となります。
※直近(1ヵ月以内)に査定された方はB賞の抽選対象となります。

広島マップ コスモスポーツ 空白

1920年に「東洋コルク工業株式会社」として創業して以来、マツダを育んできた広島。この地に、今も変わらずマツダは本社を置き、最大の生産拠点として、今日も新たなマツダ車が誕生し続けています。南側は瀬戸内海に面し、世界遺産として有名な宮島をはじめとした島々が浮かぶ美しい景色を楽しめ、牡蠣・海苔などの海産物も豊富です。広島市中心部に目を移すと、6本の川が流れる「水都」には緑があふれます。近代的なビルが建ち並ぶ大通りには、レトロな路面電車が絶え間なく走り、乗って、見て、その魅力を楽しむことができます。コンパクトに見どころが集まり、お好み焼きなど美味しいグルメもたくさん。昨年のサミット開催を契機に、大いに活況を呈する広島。マツダの変わらぬスピリットを育んだ地を巡る旅に出かけてみませんか。

1日目

福岡発 →
広島着(広島IC)

マツダミュージアム

マツダミュージアム

マツダの車造りの歴史を体感できる博物館です。日本メーカーで初めてルマン24時間レース優勝した787Bをはじめ、マツダの歴史を彩ってきた車を多数展示。車造りに関する展示や、実際の生産風景も見ることができます。隣接のショップでは様々なグッズを販売。

閉館日:土曜日・日曜日及び祝日(土曜日特別開館日があります。)
※入館は完全予約制です。
事前にインターネットでご予約ください。
※詳しくは下記のリンク先でご確認ください。

グローブ

マツダスタジアムにて
野球観戦

マツダスタジアム

マツダの名を冠する、プロ野球広島東洋カープの本拠地です。2009年の会場以来、数々の熱戦が繰り広げられた、広島“熱狂”の中心地。天然芝の美しいフィールドは必見の価値あり。工夫を凝らした観客席で、熱い戦いとスタジアムグルメを楽しめます。

お好み焼き

夕食には広島グルメ堪能

マツダスタジアム

広島グルメでやはり外せないのは、広島お好み焼き。麺とたっぷりのキャベツに玉子を乗せて、甘辛のソースで頂く広島のソウルフードです。この他にも、牡蠣料理やあなごめし。新B級グルメの広島つけ麺、汁なし担々麺などなど、中心市街地を巡れば、海の幸や山の幸、たくさんの絶品グルメを楽しめます。

ベッド

シェラトングランドホテル広島宿泊

2日目

2つの世界遺産を観光

折り鶴

広島平和記念公園

平和公園

1945年広島市に投下された原子爆弾の惨禍を原爆ドーム、平和資料館の展示により後世に伝えます。広島の人々の地道な活動により守り、育まれてきたこの公園は、全世界の平和を願う祈りの場所です。

鹿

宮島(厳島神社)

宮島

広島市に隣接する廿日市市に位置する安芸の宮島。厳島神社は、周囲の原始林とともに世界遺産に登録されています。趣ある街並みに賑やかな土産物街、数多くの寺院など、美しい自然と歴史を体感できます。

2日目

広島発(廿日市IC) → 福岡着

rotary green 予想的中のお客様の中からA賞

MAZDAモデルカー 1台

精巧な1/43スケールで楽しむ
マツダの歴史を彩ってきた車のモデルカー。
ラインナップの一部をご紹介。

ミニカー

グリーンパネルGA型三輪トラック

戦前から戦後をまたいで活躍した、マツダの三輪トラックを代表する1台です。ペットネームの"グリーンパネル"は運転席の計器盤の緑色にちなんだもので、”青春・安全・平和”の意味が込められています。

ミニカー

MAZDA T1100

マツダ三輪トラックの最終完成形ともいえるモデル。エンジンは水冷4気筒に進化すると共に、最大積載量の拡大や頑丈なキャビンを採用するなど、実用性と快適性も大きく向上させました。

ミニカー

初代ボンゴバン

1966年に登場したボンゴは、エンジンをリアタイヤの後ろに搭載したユニークなレイアウトを採用。高い天井、広い荷室空間はボンゴシリーズの伝統となり、対面販売が可能な移動販売車としても活躍しました。

ミニカー

ファミリアロータリークーペ

ロータリーエンジン搭載の第2弾モデル。 当時クラストップの性能を持ち、独特のかん高いエキゾーストノートを響かせ、世界各国のサーキットを駆け抜けた一台です。

ミニカー

ルーチェロータリークーペ

ロータリーエンジン搭載車の最高峰に位置する高級ハードトップクーペ。マツダで初めての前輪駆動車であり、「ハイウェーの貴公子」という呼び名のごとく、美しいボディで優れた走行性能を実現した一台です。

ミニカー

4代目カペラ

駆動方式が当時主流だったFRからFFに変更されると共に、エンジンのラインナップが一新された4代目カペラ。発売当初から話題を呼び、第3回日本カー・オブ・ザ・イヤーを獲得するなど、高い評価を受けました。

ミニカー

ファミリアフルタイム4WD

日本初のフルタイム4WDと高出力のターボエンジンを組み合わせたスポーツハッチバック。ラリーマシン「マツダ 323 4WD」は世界ラリー選手権において1987年には日本車初の総合優勝も果たしました。

ミニカー

初代デミオ

日常ユースから週末のレジャーまで多彩な使い方ができる実用性を特徴に、幅広い支持を受けた一台です。

ミニカー

ロードスターNB

オープンの楽しさ、操る楽しさ、使いこなす楽しさ”を正統進化させた2代目ロードスター。デビュー時のイメージカラーであったエボリューションオレンジマイカが鮮やかに再現しています。

ミニカー

MAZDA757 202号車

約450馬力を発生するマツダ初の3ローターエンジン13Gを搭載。1987年のルマン24時間レースにおいて日本車として当時最上位の7位に入賞した一台です。

モデルカーの車種はお選びになれません。

査定チャレンジ
LINE LINE Instagram

マツダともっとつながる
新しい無料会員サービス CLUB MAZDA